氷室 小室 安室 引退…“ムロツヨシ”は?

氷室→小室→安室と続く引退宣言

奇跡的な「室」の連続。2014年の氷室さんの無期限ライブ活動休止に始まり、2018年9月16日の安室さん引退宣言、そして2018年1月19日の小室さん引退発表と、わずか4年の間に日本を代表する3人もの「室」が引退という状況になりました。そして同じ室、もとい「ムロ」が付く人として名前が挙がっているのがムロツヨシさん。ムロツヨシさんの引退を心配する人まで出てきています。

ムロツヨシさんの話題が上る

ムロツヨシさんといえば、『勇者ヨシヒコ』や『銀魂』でお馴染みの個性派俳優として根強い人気があります。そんなムロツヨシさんが同じ「ムロ」がつくという理由で引退を心配されています。しかし、本人のTwitterを見たところ特にツイートはしておらず、世間の心配はどこ吹く風といったところ。ムロさんらしいですね(笑)

ムロツヨシさんはノーコメント

ムロさんは一切コメントしていませんが(笑)、わりとTwitter界隈では話題に上がっています。

コムロツヨシwww

ムロツヨシさん、もしかしたら明日明後日明々後日あたりにつぶやくかもしれないですね(適当)

小室さんが安室さんの引退にコメント

小室さんよりも先に引退宣言をしていた安室さんですが、2018年1月19日、予想外の形で小室さんが一足先に音楽界を引退することが決まりました。小室さんと安室さんは名前が似ているだけではなく、小室さんが安室さんに楽曲提供をするなど、二人には強い繋がりがありました。そして今回、小室さんは安室さんの引退に対してコメントを残しています。

小室さんは、「安室さんの引退宣言は、すぐに理解できました。美学というか…。海外では、マイケルジャクションやプリンスであったりだとか、他界とは違うんですけど、そういう美学を貫くという意味では、非常に素敵だなと思いました」とコメントしており、自分の引退の形と重ねて考えている場面がありました。

小室さんは本来、1年後以降の引退を考えていたようですが、不倫報道という望まぬ形での突然の引退になってしまったことを悔しがっていました。時折涙を滲ませながら、「誕生日だったり、何日のライブをもってなど、計画を立てて楽しく勇退みたいなことができる環境だったら悔い無しということが心から言えたのかなと思いました。遅かれ早かれっていうことが精一杯ですね。女々しく涙をみせる日が来たのかなと思っています」と発言。会見はトータルで2時間に及び、小室さんは150人の報道陣に向かってマイクを握りました。

最後に、小室さんは「自発的な音楽活動は、本日を持って終了します」との言葉で締め、会見は終了しました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする